NEW


NEW


NEW





マイナビ2021




トップページ > 企業・法人のみなさまへ
聴覚障害×企業を入り口に「いちまん人の幸せ」を

日本国内には約1,000万人の聴覚障害者が
いることご存知ですか?

社会の一員である企業が発展するためには、
ひとりひとりの人、地域社会と良い関係を
築く必要があります。

一万人の「聴覚障害」「手話」「コミュニケーション」を入口に、企業改革を実現してみませんか。

社員研修

手話検定試験合格者の輩出も。

聴覚障害のある方が立ち寄られても対応できる、
コミュニケーション力の高い企業を目指しませんか。
聴覚障害への理解を通して、コミュニケーションや接遇などのスキルを学ぶ研修プログラムがあります。

  • ☑難聴疑似体験で社内コミュニケーションの活性化
  • ☑介護・福祉業界向け接遇研修

研修チラシ<介護・福祉事業所>
研修チラシ<企業向け> 研修申込書

文字手話通訳

合理的配慮をリードする企業。

合理的配慮とは、障害のある人が障害のない人と同様に生きるために必要な環境を整える考え方。
企業における合理的配慮は、社内外のあらゆる場面での環境改善につながります。

  • ☑社内会議、企業イベントに手話・文字通訳
  • ☑職場環境改善アドバイザー

※お問い合わせフォームまたは電話にてご依頼ください。

企業力アップ

広報動画に字幕を付ける。

「CSR」で会社が、社会が変わる。
福祉と企業を掛け合わせた新しい発想がお客様や社会からの広い信頼、企業の発展に繋がります。

  • ☑手話ガイドで観光する
  • ☑HPなどの動画に字幕または手話を挿入

制作コンテンツの紹介(準備中)

お問い合わせフォーム   075-275-8021