いこいの村 施設案内

各種案内

綾部東部在宅介護支援センター

(居宅介護支援・ホームヘルプ)

綾部東部在宅介護支援センター
センター概要 配食サービス 家族介護用品支給 耳の相談日

高齢者の聞こえの相談・支援事業「耳の相談日」

いこいの村・綾部東部在宅介護支援センターでは毎月第3水曜日に「耳の相談日」を設定し、ご希望の方に来ていただいて、聴力検査や補聴器・聞こえの相談を実施しています。

~補聴器について~

【箱形】コード付イヤホンで聞くタイプ

〈 長 所 〉
・電池交換やスイッチ等の操作が簡単
・小型マイクの方向を話し相手に向ければ騒音の中でも聞き取りやすい
・比較的耐久性が高く、安価

〈 短 所 〉
・大きくて目立つ
・コードが邪魔になる
・ 後ろからの音が補聴器に入りにくい

コードつきイヤホンで聞くタイプの補聴器

【耳掛け形と挿耳形】 耳にかけるタイプと耳穴に入れるタイプ

〈 長 所 〉
・小型で活動的、行動しやすい 
・挿耳形は、目立ちにくい
・マイクが耳の近くにあり、自然に近い状態で音が入る

〈 短 所 〉
・ピーピー音が起こりやすい
・スイッチ類が、小さく操作しにくい
・挿耳形は出力が弱く重度の人には不向き
・汗に弱い  比較的高額

耳にかけるタイプと耳穴に入れるタイプ

 補聴器は自分に合ったものを選ぶことが大切です。まずは、耳鼻科やいこいの村、府下の聴覚言語障害センターで開いている相談会で聴力測定を受けてください。
 そして、自分の聴力や生活スタイルに合った補聴器を『認定補聴器店』等信頼できる店で選び、一定期間借りて、色々な場所や場面で聞き試しをしてから買いましょう。
 「高齢やで仕方ない…」とあきらめないで。

『補聴器の日』は、弱った耳に、もう一つの耳・補聴器を掛けて、聞こえの悩みを改善しようと制定されたそうです。(3月3日の耳の日×2=6月6日)

聞こえのしくみ

聞こえの仕組み

難聴の種類

伝音性難聴 ・音が小さく聞こえる。

伝音性難聴

感音性難聴 ・ゆがんだ音に聞こえる。・違う音に聞こえる。

感音性難聴