いこいの村 施設案内

各種案内

コスモス寮

 栗の木寮では「個室化」が長年の課題となっていました。
 そこで、自分らしく、ゆとりのある住まいの場を提供するため、京都府の補助を受けて施設整備を行いました。
 グループホームでは、居住者がお互いに助け合いながら、共同で生活します。また、グループホームの職員が生活等に相談や助言をしたり、必要な生活上の援助を行います。

ご利用に関して

定員

5名

対象者

聴覚言語障害者で障害支援区分認定2以上の方

コスモス寮見取り図 日課表

見取り図

日課表

コスモス寮の特徴

特徴1

 聴覚障害のほかに、身体・知的・精神等に障害のある方が利用されます。
 日中は会社やいこいの村の仕事に通われます。
 また、緊急時に備えて火炎警報設備を設置し、避難訓練などを定期的に行います。
団らんの様子

特徴2

 食事は世話人と一緒に調理をしたり、各自の部屋の台所で、好みの食事を作ります。夕食は、家族のように一緒に食べます。

 団らんの場では、手話で会話をしながら、楽しく一日を振り返り、お互いの交流を図ります。
調理風景

お問い合わせ

所在地

〒629-1242
京都府綾部市十倉名畑町折紙田18-1
いこいの村 コスモス寮
電話&FAX:0773-46-0751

連絡・問合せ先

後方支援施設
障害者支援施設 いこいの村栗の木寮
〒629-1242
京都府綾部市十倉名畑町久瀬谷2
電話:0773-46-0101
FAX: 0773-46-0903