• 京都市聴覚言語障害センター
    京都府聴覚言語障害センター
    (中南部エリア)



    いこいの村
    京都聴覚言語障害センター




トップページ > 法人後援会

法人後援会

みなさま方のあたたかいお力を法人後援会にお寄せください

 日本で最初に聞こえない子どもの教育を始めた「京都盲唖院」設立(1878年)以来、全国に先駆けての手話サークルの結成(S38年)、法人の前身である「ろうあセンター」の開所(S44年)等、京都はつねに聴覚言語障害者の教育や福祉の歴史を先駆的に拓いてきました。
 この歴史の上に、1978年(S53年)、法人(社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会)が創立され、以降、各地域にある聴覚言語障害センター、いこいの村の開所・運営と、全国に先駆けて地域と共に歩む新しい福祉を目指して発展してきました。
 この法人と共に、わたくし達の後援会も40年を超える長い歳月を数えることができました。
 高齢化が進む現在、介護保険の度重なる改定、社会福祉の見直しという厳しい時代にあって、後援会の活動をよりたしかに、太く、広く、厚みのある力強いものにして、しっかり法人を支えねばならないと新しい出発を期しているところです。
 何とぞ聴覚言語に障害のある方々と共に生き易い社会づくりを目指して、みなさま方のご支援を心からお願い致します。

法人後援会会長 竹谷 明

法人って?

法人後援会の「法人」って…?
社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会のことです。
社会福祉法人とは社会福祉事業を行うことを目的に、法に基づいて国に認可された法人です。
社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会は1978年、聞こえと言葉に障害を持つ人たちの福祉を保障するため、多くの人たちの奮闘によって設立されました。
以来、40年以上に亘って理解者の輪を広げながら、事業の発展を続けています。

法人後援会って?

法人後援会は「社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会事業の紹介を通じて、その社会的理解の啓発を行い、かつその安定的運営に資する」ことを目的とした団体です。

聴言センターまつりやいこいの村まつりなどの行事への参加を通じて会員同士の親睦をはかります。
また、関係者団体とも共同してバザーの開催などを行っています。

なお、会員のみなさんには1年間に4回(春・夏・秋・冬)、法人会報「京都聴言ニュース」をお届けし、事業の内容をお知らせしています。

法人後援会 活動の様子

あなたの入会をお待ちしています

【年会費】
個人会員 3000円以上
団体会員 5000円以上

【ご入金方法】
1.郵便振替
下記の口座にご入金ください。
郵便振替口座 01030-4-47233
京都聴覚言語障害者福祉協会後援会

2.郵便自動払込
郵便貯金口座をお持ちの方は、口座からの自動払込(引き落とし)ができます。
お近くの郵便局で、備え付けの「自動払込利用申込書」に上記口座番号をご記入の上お申込ください。

法人後援会入会のご案内(PDF)

お申し込みはこちら

後援会入会申込フォーム

事務局で確認後、入金方法のご案内をお送りいたします

※以下の入会申込書にご記入いただき、FAX・郵便でもお受け付けいたします。

入会申込書(PDF)はこちら

お問い合わせは下記へ

〒604-8437
京都府京都市中京区西ノ京東中合町2番地
社会福祉法人 京都聴覚言語障害者福祉協会 後援会事務局
TEL(075)841-8336
FAX(075)841-8311